会社の服務規律に違反し、暴言を繰り返すパート職員(対 パート従業員+弁護士)


会社の服務規律に違反し、暴言を繰り返すパート職員(対 パート従業員+弁護士)

 

R社:介護施設・従業員30名程度

 

介護施設の厨房に勤務するパート職員Z氏は、20才代の若いパート職員であった。

Z氏は、仕事はできたが感情の起伏が激しく、時々、年上のパート職員と口論を繰り返していた。

 

ある日、業務上の些細なことでZ氏はパート職員のリーダー格であるA氏(パート職員を束ねる50代のベテラン)と口論になった。

その口論は、新しい施設見学者が来訪している最中の出来事であった。

 

介護施設のR社は、この件を非常に重く受け止め、事実確認のためパート職員Z氏を出勤停止処分とした。

 

パ-ト職員Z氏は、この件を不服とし、弁護士事務所へ相談に行った。

弁護士事務所は、Zの出勤停止処分の取り消しと出勤停止期間中の賃金の差額支払い、慰謝料など50万円を要求してきた。

 

そこで、会社の言い分などを書面でしたため理解を得、出勤停止期間中の休業手当のみで決着した。

その後期間満了による退職となった。

 

 

当事務所からのワンポイントアドバイス

1.就業規則の服務規律と解雇規程・懲戒規定は非常に重要。

2.「始末書」などはこまめに作成しておく。

3.人手不足の折でもあるが、可能であれば、有期契約にして「その人となり」を見極める期間を設ける。

4.不備のない雇用契約書を作成する。