新事務所でもっとも高価な物…それは…

社会保険労務士倫理要綱
社会保険労務士倫理要綱

 

このたび、事務所を移転するにあたって、師事してきた先生から贈られたものです。

 

師事してきた私の先生は30年以上にわたりこの道を歩んだ鹿児島社労士の草分け的存在の一人です。

 

この額縁は、先生が社労士登録したときに社会保険労務士連合会から授与されたものだそうですが、現在では登録しても授与されるということはありません。(別途お金を払えば購入できるかもしれませんが…)

 

 

先生の事務所を30年以上の永きに渡り見守ってきた額が、私の事務所を今後見守ってくれることになりました。

 

 

お金では買えない物ですから、私の事務所にある物の中で最も高価で最も価値あるものです。

 

 

社会保険労務士倫理綱領
社会保険労務士は、品位を保持し、常に人格の陶治にはげみ、
旺盛なる責任感をもって誠実に職務を行い、
もって名誉と信用の高揚につとめなければならない。

 

 

社会保険労務士の義務と責任

品位の保持

知識の涵養

信頼の高揚

相互の信義

守秘の義務

 

 

ありがとうございます。