社労士魂と役者魂

   暑い鹿児島も秋です
   暑い鹿児島も秋です

10月です。秋ですね~

 

先日、たまたまテレビで見かけて

心に残っている言葉があります。

 

映画・カムイ外伝の完成発表会で

崔洋一監督が仰っていました。

「この映画は、松山ケンイチなくして撮れなかった映画だ。 

彼の役者魂を…」

 

 

この「役者魂」という言葉。

 

 

どんな職業にも、「○○魂」というのがあると思います。

 

自分の職業を思い定める。

「これしかない!」と自分に言い聞かせる。

あるいは、心の奥底から湧き上がってくる。

 

そんな熱い思い。

 

 

大工さんには「大工魂」

学校の先生には「教師魂」

掃除のパートのご婦人にだって「掃除婦魂」…あっていい。

 

 

私は社労士、「社労士魂」見せつけたい。