「偶然」の認識を変えれば世界が輝く

自然の奇跡
自然の奇跡


神を認識するのは人です。

人は古来から、目に見えない大いなる力を感じ、
その多いなる力を神と呼んで崇めてきました。

 


私も、大いなる力を感じることがあります。
守られていると感じることもあります。

 


しかし、もっと身近に
「神」や「奇跡」を感じることができれば、
日常に小さな幸福感を感じるかもしれません。

 

 

車で知っている人にすれ違う、
赤い信号が目の前で青に変わる
たまたまタイムセールにいきあたる(笑)

 

 

それは人によっては、
取るに足らないどうでもいいことかもしれません。

 

 

でも、ほんの小さな偶然を「奇跡」と呼ぶことができれば、
世の中はほんの少し輝きを増すかもしれないと思うのです。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    子育て奮闘中のパパ (日曜日, 27 2月 2011 06:08)

    自分の人生は、様々な人との関わりで生かされていると思います。
    助け、助けられ、そして幸福を感じ、自分が成長する。
    神は、人間に一生勉強し、成長を遂げ、幸福感を感じるよう作られ
    たような気がします。途中で挫折し、自殺を選択する人もおられます。
    自ら心の扉を開き、人との関わりが多ければ、救えた命かもしれません。ほんの少しの偶然は、奇跡ではなく、日々の生活スタイルや、自分
    の努力によって、神が微笑んだ瞬間の「カケラ」が舞い降りた瞬間でしょう。社労士の仕事はまさに、人と人との関わりなしでは成り立たない
    業種ですね。苦労もあると思いますが、頑張ってください。

  • #2

    e-sr (木曜日, 10 3月 2011 22:42)

    子育て奮闘中のパパ様

    コメントありがとうございます。
    本当に仰るとおりです。

    是非、頑張っている姿を見に来ていらしてください
    苦労を楽しんでいます(笑)