労働契約法改正「無期労働契約への転換」とは

 平成25年4月1日に改正労働契約法が施行され、無期転換ルールが規定されました。

 施行から5年を迎える平成30年4月以降、多くの有期契約労働者の方へ無期転換申込権の発生が見込まれています。

◆無期転換ルールの概要

 無期転換ルールは、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合、有期契約労働者(契約社員、パートタイマー、アルバイトなど)からの申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。

 契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、契約期間が3年の場合、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。

  有期契約労働者が使用者(企業)に対して無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します。(使用者は断ることができません)

2018年、H30、無期転換ルール、3年、契約期間、無期転換、いぶすき労務管理事務所、イノベーションコンサルティング

◆クーリングとは

2018年、H30、無期転換、クーリング、空白期間、いぶすき労務管理事務所、イノベーションコンサルティング

空白期間

 有期労働契約とその次の有期労働契約の間に、契約がない期間が6か月以上あるときは、その空白期間より前の有期労働契約は通算契約期間に含めません。これをクーリングといいます。

 上図の場合のほか、通算対象の契約期間が1年未満の場合は、その2分の1以上の空白期間があればそれ以前の有期労働契約は通算契約期間に含めません。

 無期転換ルールへの対応にあたっては、中長期的な人事労務管理の観点から、無期転換労働者の役割や責任の範囲など様々な検討が必要であり、まだ準備が進んでいない企業においては早期に検討・対応が必要です。

 どのような仕組みとするか検討した内容に基づき、就業規則を見直してみましょう。